楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/09 07:15

北条司、反響を実感した2019年「40年が無駄じゃなかった」

 全編を通してセリフがなく、映像と音楽だけでストーリーが展開していく本作を作る上で、北条が大切にしたのは「観客に伝わるように、わかりやすく撮る」ということ。だからこそ、各監督が撮った、作風もバラバラな5編を初めて観たときは「思わず頭を抱えてしまった」と明かす。

 「もう相当に気合いが入った映像が届いて、エンターテインメントというより、どれも芸術作品に近かった。これを単純につなげても、全然意味がわからないという感じだったんです。最初は各監督が撮ったものには手を触れまいと思っていたんですが、いや、これは触れないと1本の映画にならないという状態に追い込まれて……。もう心を鬼にして編集しました。だから、各国の監督には頭が上がらない。ごめんなさい! という気持ちですよ。とはいえ、編集に苦労したというよりは、逆に楽しみましたけどね(笑)」

 「プロローグ」と「エピローグ」の主人公は、チェリスト(松下奈緒)とピアニスト(ディーン・フジオカ)の音楽家カップル。「当たり前にきれいな映像が撮れる世の中になってきている今、映画ならではの魅力とは、何といっても音楽と音」だと断言する北条の想いを反映し、彼らが奏でる美しい曲が映画全体のストーリーのカギを握る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >