楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/08 12:47

笑福亭鶴瓶、10年ぶり主演映画 お忍びで劇場へ 客に神対応

 11月1日の公開から1週間がたったが、鶴瓶は「久米宏さんや古舘伊知郎さんなど、業界の人もすごく観てくださっているようで、こっちが気づかないところもいろいろ感想を言ってくれるんです」と反響があることを明かす。自身も劇場にお忍びで足を運んでいるというと「劇場の人にも知らせず、チケット買って最前列に座るんです。それで終わったあと、パッと客席に振り返るのですが、北九州の劇場では6人ですよ」と笑いながら語った。

 それでも鶴瓶は「写真も一緒に撮ったし、お客さんは喜んでくれるんですよね」と語ると「自分でこういうことを言うのは珍しいのですが、2回目観ても素晴らしい映画だと思いました。お客さんも大人なのに、言葉にならないぐらい泣いている人もいるぐらい。いま落語で全国ツアーを行っているので、抜け駆けでいろいろな劇場に行きます。いつか僕とお客さんの1対1にならないかな。それまで続けますから」と全国の映画館にお忍びで足を運ぶことを宣言していた。

 またイベント後半には、劇中で鶴瓶が陶芸をするシーンで作った壺をプレゼントするコーナーも。運ばれてきた大きな壺を見た鶴瓶は「いる? こんな大きな壺。どうやって持ち帰るの?」と客席に呼び掛けると、大きな拍手が沸き起こる。鶴瓶は「変わった人たちやな」と客席をいじりつつも「今日はたくさん人がいてよかった」と満員の客席を見渡し、満面の笑みを浮かべていた。(磯部正和)

【関連情報】
舞台あいさつの様子【フォトギャラリー】
『閉鎖病棟−それぞれの朝−』メイキング映像【動画】
笑福亭鶴瓶、役づくりで減量もうっかりリバウンド
常に進化していきたい~小松菜奈『閉鎖病棟−それぞれの朝−』インタビュー
綾野剛も出ていた!『NANA』いま考えると豪華すぎ
神木隆之介、怖かったたけしに「器が無限大」 大河で師弟役共演

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >