2019/11/07 12:01

『ジョーカー』あの女性は殺されていなかった!

『ジョーカー』より (C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”
『ジョーカー』より (C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”

 日本でも大ヒット公開中の映画『ジョーカー』で撮影監督を務めたローレンス・シャーが、主人公アーサーが好意を抱くシングルマザーのソフィーは「殺されていない」と/Filmのインタビューで明かしている。(以下、ネタバレあり)

 DCコミックスの悪役ジョーカーが誕生するまでを描き、第76回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞した本作。孤独で心の優しい大道芸人アーサー(ホアキン・フェニックス)が、悪のカリスマへと変貌していくさまが描かれる。

 ソフィー(ザジー・ビーツ)はアーサーと同じアパートに住む隣人で、アーサーが思いを寄せる存在。しかし、映画の終盤では二人のロマンスがすべて、アーサーの妄想であったことが発覚する。

 「『彼女は殺されたの?』と何人かに聞かれたよ」というローレンスは「トッド(・フィリップス監督)は彼女が殺されていないことを明確にしている」とコメント。その理由について「なぜならアーサーは自分を不当に扱った人を殺している。ソフィーは一度も彼を不当に扱ったことはないからね」と語っている。(編集部・中山雄一朗)

【関連情報】
【画像】アーサーが好意を抱くソフィー
話題沸騰!『ジョーカー』ソフィー役のザジー・ビーツって?
こんなにあった!『ジョーカー』名作映画へのオマージュまとめ
『ジョーカー』続編は何を描く?ホアキンと語った内容を監督が明かす
マーティン・スコセッシ『ジョーカー』への参加を真剣に検討していた
『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、幸せいっぱい!婚約者ルーニー・マーラを語る

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >