2019/11/09 06:10

恋の滑走路が大渋滞!「おっさんずラブ-in the sky-」好スタートの理由

期待を超えてきた「おっさんずラブ-in the sky-」 -(写真は10月、茨城空港内で行われた記者会見で撮影)
期待を超えてきた「おっさんずラブ-in the sky-」 -(写真は10月、茨城空港内で行われた記者会見で撮影)

 新ドラマとして2日に初回を迎えた「おっさんずラブ-in the sky-」(毎週土曜23時15分~テレビ朝日系)が、同ドラマ枠過去最高となる平均視聴率5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。物語の舞台や一部キャストが変わり、制作発表時には賛否両論が巻き起こった同作だが、結果的に好スタートを切った理由に「設定に違和感がない」「キャストのパワー」「予想を裏切る展開」が挙げられるのではないだろうか。

 物語の舞台が航空業界へと移り、田中圭演じる主人公の独身ポンコツ男・春田創一は航空会社「天空ピーチエアライン」の新人客室乗務員(CA)に。吉田鋼太郎演じる“ヒロイン”黒澤武蔵は、同社で機長を務めるパイロットという新設定になった。

 シリーズ第1作となる2016年の単発ドラマから、春田と黒澤を演じている田中と吉田。それぞれ、キャラクターの肝となる愛らしさを失うことなく連ドラ&劇場版とシリーズを重ね、新たなドラマとして生まれ変わった今作の新設定で新鮮さを醸し出しながらも、すんなりと溶け込む技術で違和感を全く感じさせない。大前提の設定でつまずかなかったからこそ、ストーリーに没頭することができ、作品に身をゆだねて単純に楽しむ視聴者を生んだのだろう。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >