2019/11/08 21:30

『IT/イット』子供ルーザーズ、最初は役とキャストがバラバラだった!

1作目『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』でのルーザーズ・クラブ Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
1作目『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』でのルーザーズ・クラブ Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』および完結編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督とプロデューサーのバルバラ・ムスキエティ(二人は姉弟)が来日時にインタビューに応じ、ルーザーズ・クラブの子役たちとの思い出を明かした。

 ルーザーズ・クラブは、行方不明の弟を捜す吃音気味のビル、口が達者なメガネのリッチー、病的なほど過保護に育てられて薬が手放せないエディ、父に怯える少女ベバリー、太った転校生のベン、ユダヤ司祭の息子スタンリー、アフリカ系のマイクから成る、落ちこぼれでいじめられっ子の子供たち7人組。アンディ監督は、そのキャスティング過程が特に記憶に残っていると振り返る。

 「実は、最初は皆、今とは違う役のオーディションを受けに来ていたんだ。エディ役のジャック・ディラン・グレイザーはスタンリー役を受けに来て、スタンリー役のワイアット・オレフはビル役を受けに来て、ビル役のジェイデン・マーテルはエディ役(笑)を受けに来ていて。素晴らしい思い出だ。皆がそろった時、これは素晴らしいものになると思った」。今となってはそれ以外の選択肢が思いつかないほど、ぴったりなキャスティングとなっている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >