2019/11/09 11:33

ウィレム・デフォーの演技法&ゴッホの画法に共通点!『永遠の門 ゴッホの見た未来』インタビュー

来日したジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー
来日したジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー

 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』で画家フィンセント・ファン・ゴッホを演じた俳優ウィレム・デフォーとジュリアン・シュナーベル監督が来日時にインタビューに応じ、デフォーの演技法の秘密がひもとかれた。誰にも理解されなくとも自分が見た“世界の美しさ”を信じ、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを感動的に描き出した本作。ゴッホそのものとして存在したデフォーは、第75回ベネチア国際映画祭・最優秀男優賞に輝き、オスカー主演男優賞初ノミネートも果たした。

 デフォーにとって、演じるとは「“する(doing)”ということ」。「本作は絵を描くことについての映画だ。だから僕は実際問題として絵を描かなくてはいけないし、キャラクターとして絵を描くことについて知っていなくてはいけない」と画家でもあるシュナーベル監督から手ほどきを受けたという。

 「彼からは、どのように絵具を混ぜて、筆を持ってカンバスに置き、物事をどう見るかということを学んだ。例えば木を見た時、僕が木そのものを描こうとしたら、彼は『待って。見て。何が見える? 光が見えたのなら、光を描くんだ』と。その時から、僕は物事を違った風に見るようになったんだ。それは絵を描くことだけでなく、ゴッホが何を話していたのかを理解する鍵になった。彼が書いた手紙の数々ももちろん読んだわけだけど、絵を描き始めるまでは何を言っているのか理解できない部分がいくつかあったんだ」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >