2019/11/09 10:05

福山雅治主演『マチネの終わりに』舞台裏を公開

パリのレストランで蒔野が洋子に告白するシーン (C) 2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク
パリのレストランで蒔野が洋子に告白するシーン (C) 2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

 シンガーソングライター、俳優の福山雅治が、同い年の石田ゆり子と映画で初共演する『マチネの終わりに』(公開中)。天才クラシックギタリストと婚約者のいる聡明なジャーナリスト、「6年の間に会ったのは3度だけ」という40代の男女の恋が、日本、パリ、ニューヨークを舞台に描かれる。原作は芥川賞作家・平野啓一郎の同名小説。福山にとって、満を持しての恋愛映画主演となった本作の裏側に迫る。

クランクインは蒔野の部屋から

 撮影は2018年9月22日、都内某所の建物で、蒔野の部屋のシーンから始まった。後半は、蒔野がジャーナリストの小峰洋子(石田)とSkypeで対話するシーンへ。カメラに映らない石田も現場に加わり、実際に少し離れたところから2人のチャットが繰り広げられた。

福山雅治、クラシックギターを学ぶ

 福山が演じるのは、スランプに陥るクラシックギタリストの蒔野聡史。福山自身はアコースティックギターやエレクトリックギターの名手だが、クラシックギターは奏法やマナーがそれらと異なるため、学び直す必要があった。ギター指導に当たったのは、原作者の平野とも交流があるクラシックギタリストの福田進一。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >