楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/10 06:00

『ターミネーター:ニュー・フェイト』監督が語るジョン・コナー登場シーン

制限があるからアクションは面白くなる ティム・ミラー監督
制限があるからアクションは面白くなる ティム・ミラー監督

 映画『ターミネーター』シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(全国公開中)のティム・ミラー監督が、伝説級のキャストたちとの仕事を振り返りながら、撮影の裏側を語った。(この記事は『ターミネーター:ニュー・フェイト』の内容に触れています)

 ジェームズ・キャメロンが監督したSFアクションの金字塔『ターミネーター2』(1991)の正統な続編となる本作。『デッドプール』で一躍人気クリエイターとなったミラー監督を抜てき。キャメロンがプロデューサーを務め、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーに加え、リンダ・ハミルトンがサラ・コナー役でシリーズに復帰。63歳のリンダは、重ねた年齢はそのまま『ターミネーター2』と同じく美しくタフな戦士として、未来をかけた戦いに挑む。

 本作のサラについてミラー監督は、彼女を必要以上に若く見せようとは全く考えなかったという。「あのままのリンダを好きになってもらえてうれしいよ。顔っていうのは、映画においてものすごく重要。今回のサラ・コナーは怒りと復讐に燃えていて、外見なんて眼中にないし、ものすごい悲劇を経験していて、それが顔に表れてないといけないかった。だから、彼女を若く見せようなんてことは一切考えなかった。あれが最高なんだから」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >