2019/11/13 13:07

R指定でも不可…『ジョーカー』ヤバすぎ浴槽シーンがカットされていた

映画『ジョーカー』より Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
映画『ジョーカー』より Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ジョーカー』のトッド・フィリップス監督がサンタバーバラ国際映画祭シネマ・ソサエティのQ&Aイベントに登壇し、同作にはR指定映画にすら相応しくないとしてカットしたシーンがあったことを明かした。

 『ジョーカー』は、社会から軽視されてきた貧しい大道芸人アーサー(ホアキン・フェニックス)が“犯罪界の道化王子”ジョーカーへと変貌していくさまを徹底してリアルに描いたドラマ。本国アメリカでは17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要な「R指定」で上映されており、その上のレーティングは17歳以下の鑑賞を全面的に禁じる「NC-17」となっている。

 削除シーンについて話が及ぶと、フィリップス監督は「即興で撮ったシーンが2~3あった。そのうち一つはバスタブの中での素晴らしいシーンだったのだが、それはR指定映画には含めることができないと思った」とコメント。バスタブでのシーンということで露出が多かったのかと思いきや、フィリップス監督は「理由はポルノだったからじゃない、ただ狂っていたからなんだ」と続けている。一体どれだけ狂ったシーンだったんだ……。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >