楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/18 22:15

ブラック・パンサー党を描く映画が始動

写真はボビー・シールとヒューイ・P・ニュートン (C) Ted Streshinsky / CORBIS / Corbis via Getty Images
写真はボビー・シールとヒューイ・P・ニュートン (C) Ted Streshinsky / CORBIS / Corbis via Getty Images

 ブラック・パンサー党の結成を描く映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル(原題)/ Power to the People』の配給で、パラマウント・ピクチャーズが交渉に入ったとDeadlineほか複数メディアが報じている。

 本作は、アフリカ系アメリカ人に対する警察の暴力行為に抗議するためにブラック・パンサー党を立ち上げたボビー・シールとヒューイ・P・ニュートンの関係を捉えた作品。ブラック・パンサー党は、アメリカでの公民権運動の重要な役割を担ったものの、ジョン・エドガー・フーバー率いるFBIや警察との衝突が絶えなかった。

 監督を、映画『ソウル・フード』『ノトーリアス B.I.G.』などのジョージ・ティルマン・Jrが務める予定で、ベン・アフレックと共に製作も担当する。『タイタンズを忘れない』や、奴隷解放運動家のハリエット・タブマンを描いた『ハリエット(原題) / Harriet』を執筆したグレゴリー・アレン・ハワードが、スタンリー・ネルソン監督によるドキュメンタリー映画『ブラック・パンサーズ:ヴァンガード・オブ・ザ・レボリューション(原題) / Black Panthers: Vanguard of the Revolution』を基に脚色する。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
ジョージ・ティルマン・Jr監督【写真】
米女優、過去の“顔黒塗り”で映画をクビに
新「007」は黒人女性に 来年公開の最新作
『リトル・マーメイド』声優、実写版・黒人アリエルを支持
英ヘンリー王子、人種に関する「無意識の偏見」に警鐘
“公民権運動の母”ローザ・パークスさんの伝記映画が始動

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >