楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/18 20:05

木村拓哉が涙…「グランメゾン東京」5話で急展開!

 17日に放送された木村拓哉主演のTBS日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9時~放送中)第5話で、第1話からの謎だった「ナッツ混入事件」の犯人が判明する急展開を迎えた。劇中、木村が涙を見せる場面もありネットをにぎわせている。(※一部ネタバレあり)

 本作は、ある事件を機に全てを失った天才フレンチシェフ・尾花夏樹(木村)が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)とレストラン「グランメゾン東京」を立ち上げ、三ツ星獲得を目指して奮闘する物語。3年前、かつてパリで自分の店を持っていた尾花だが、アレルギー体質のゲストが店の料理を食べて倒れたことから失墜。日本で再起をかけ「グランメゾン東京」を立ち上げてからも、その事件が尾花を苦しめることとなり、第5話で事件の意外な犯人が判明。視聴者の度肝を抜いた。

 このナッツ混入事件の真相を暴こうとしていたのが、尾花の元恋人で女性誌のグルメ版を担当する敏腕記者・リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)。彼女は犯人をあぶりだすためにある行動を起こしていたが、それは同時に「グランメゾン東京」や尾花をも苦しめることに。「毒混入レストラン」と悪評を立てられ、店の予約はキャンセルに次ぐキャンセル。店を守りたい尾花は「客が来ないならこっちから」と、フードフェスでこれまで触れることがなかったB級グルメで勝負に出る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >