楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/21 22:15

障がい者の受け入れ表彰するアワード 「グッド・ドクター」など受賞

「グッド・ドクター 名医の条件」シーズン2より Craig Sjodin / ABC via Getty Images
「グッド・ドクター 名医の条件」シーズン2より Craig Sjodin / ABC via Getty Images

 障がいのある人を肯定的に描写することに貢献した映画、テレビ番組、個人を表彰する第40回メディア・アクセス・アワードが発表され、テレビドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」の製作陣や映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』(2020年2月7日日本公開)のプロデューサーなどに賞が贈られた。

 ほかには、モデルで聴覚障害者のナイル・デマルコ、「NCIS:ニューオーリンズ」の脚本家、「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」のキャスティング・ディレクター、14歳でALSと診断された女優のローレン・“ロロ”・スペンサーなどに賞が授与された。

 「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」のキャスティング・ディレクターのローレン・ポートらは、障がい者の役に障がい者を起用することで賞をもらうこと自体、変に感じ、当たり前になるべきだと受賞スピーチで述べている。

 「障がい者に対する考え方を変えるためには、テレビや映画などでの描写のされ方を変えることから始まります。引き続き出演の機会を与え、包括的でなければいけません。今年の受賞者たちは、今を代表する人々で、包括性、多様性を広め、未来への道を開いてくれている方々です」と、メディア・アクセス・アワードの共同CEOデボラ・カラは The Hollywood Reporter に語っている。

 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の2016年のデータによると、アメリカでは国民の25%が障がいを抱えているとのこと。しかし、2019年にテレビドラマにレギュラーとして登場するキャラクターが障がい者というのはわずか3.1%に過ぎなかったとGLAADの調査報告書にまとめている。これでも過去最高の数字だそうだ。(澤田理沙)

【関連情報】
【作品写真】映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』
障がいや異人種は素敵な個性!『グリーンブック』ファレリー監督、愛と笑いの過去作リスト
初!障害のある俳優オーディション、全米で開催
白人化だけではない 障害のある俳優のチャンスを増やすべきと米慈善基金が訴える
「POSE ポーズ」が最優秀ドラマ!第30回GLAAD賞
性的少数者の登場人物含む作品増加を、LGBT擁護団体が要請

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >