楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 13:45

『ドント・ブリーズ』監督の新作ホラーは「ホワイトハウス舞台のシャイニング」

スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』より Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』より Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 盲目老人無双ホラー映画『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督が、アメリカ大統領官邸であるホワイトハウスを舞台にしたホラー映画のメガホンを取ることが明らかになった。Varietyなどが報じた。

 ストーリーの詳細は発表されていないものの、同作は「ホワイトハウス舞台の『シャイニング』」と表現されている。『ドント・ブリーズ』でも“盲目老人の家”という限られたスペースで観客を恐怖に陥れたアルバレス監督が、ホワイトハウスをどのように呪われた場所に変えるのか注目される。脚本はジョー・エプスタインが執筆し、手掛けるのはアルバレス監督と彼の制作パートナーであるロド・サヤゲスの制作会社バッド・オンブレ・フィルムズだ。

 ちなみに、バッド・オンブレ・フィルムズはレジェンダリー・ピクチャーズとファーストルック契約(スタジオが企画開発費用を支援する代わりに、優先的にプロデューサーや監督の企画を製作・配給できるというもの)を結んでおり、今回の「ホワイトハウス舞台の『シャイニング』」はその1作として制作される。このほか、リブート版『悪魔のいけにえ』もバッド・オンブレとレジェンダリーのタッグで制作されることになっている。(編集部・市川遥)

【関連情報】
【動画】 柳沢慎吾のひとり『シャイニング』
盲目の老人が強盗に入った若者たちを狩る…『ドント・ブリーズ』続編の脚本は執筆済み!
『シャイニング』女優、精神病に苦しむ衝撃の今が公開…「ぞっとするほど残酷」非難殺到
『悪魔のいけにえ』新作が進行中!『ドント・ブリーズ』監督プロデュースで
4,000万頭の怒れる殺人羊が襲い来る!ニュージーランド発の羊ホラー、ついに日本公開
『IT/イット』完結編、リッチー&エディの三つの扉シーンが公開!

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >