楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/23 17:08

山崎まさよし、14年ぶり主演作を褒められ大照れ

昨夜はMステに出演した山崎まさよし&北村匠海
昨夜はMステに出演した山崎まさよし&北村匠海

 シンガーソングライターの山崎まさよしが孤高の窃盗犯というダークヒーロー役で約14年ぶりに長編映画主演を務める『影踏み』(公開中)の舞台あいさつが、23日、都内で行われ、山崎と俳優・ミュージシャンの北村匠海、そして山崎の俳優デビュー作『月とキャベツ』でメガホンを取り、本作で長編映画では22年ぶりのタッグが実現した篠原哲雄監督が登壇。山崎は、本作の演技に対する仲間たちの反応や、自身が手掛けた主題歌「影踏み」への思いを明かした。

 「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「64(ロクヨン)」などの人気ミステリー作家、横山秀夫の小説を映画化した本作。悲しい過去を背負い、凄腕のノビ師(深夜に忍び込む窃盗犯)として孤独に生きてきた主人公・真壁修一(山崎)は、2年の刑期を終えて出所後、自分が逮捕される原因となったある事件の真相を解き明かそうと、相棒の啓二(北村)と行動を始めるというストーリー。

 周囲の反響を尋ねられた山崎は「『映画、観たよ』って、よく言われますし、知り合いのミュージシャンからも、(彼らに)言われたことをそのまま言いますが、『存在感』とかと、漠然と、結構照れくさく、褒められています」と苦笑いしたが、反響の大きさに喜びの表情も見せた。北村も「僕も、家族からすごく好きな映画だと連絡がきて、それは、家族がまさよしさんのファンだからということもあるんですが」と続け、「仲のいい助監督さんやカメラマンさんなど、本当に映画が好きな人たちがいいって言ってくれた」と笑顔。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >