楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 21:22

清野菜名、新ドラマは動物的なアクションに注目!

清野菜名 (C) 日本テレビ
清野菜名 (C) 日本テレビ

 女優の清野菜名が、横浜流星と共にダブル主演を務める新ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系・2020年1月12日スタート)の囲み取材に応じ、世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎のミスパンダと、囲碁カフェで働く大人しいレンという二面性を持つ役を担う上での意気込みや、アクションシーンについて語った。

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女ミスパンダ(清野)と、表向きは医学生でメンタリストNとしてテレビにも出演しているが、裏ではミスパンダを操る飼育員(横浜)がタッグを組み、世の中にはびこる忖度や圧力によって闇に隠されてしまったグレーな事件を暴き出していく姿を、完全オリジナル脚本で描く。

 台本を読んだ清野は「ミスパンダは自由奔放で、レンはすごく大人しいというまったく正反対の顔を持つキャラクター。その落差をしっかり演じ切りたい」と意気込みを語ると、“驚異的な身体能力を持つ”という設定については「これまでいろいろな作品でアクションをやらせてもらいましたが、今回のテーマは動物的なアクション」とテーマを述べる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >