楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/24 13:30

東京フィルメックス開幕 香港民主化デモの影響で審査員長が変更

左から映画祭ディレクター・市山尚三、審査員長トニー・レインズ、審査員の深田晃司、操上和美、サマル・イェスリャーモワ、ベーナズ・ジャファリ
左から映画祭ディレクター・市山尚三、審査員長トニー・レインズ、審査員の深田晃司、操上和美、サマル・イェスリャーモワ、ベーナズ・ジャファリ

 秋恒例のイベント、東京フィルメックスの第20回開会式が23日、メイン会場の東京・有楽町朝日ホールで開催。急きょコンペティション部門の審査員長を務めることになった映画批評家で映画祭プログラマーのトニー・レインズが「フィルメックスを助けたい、市山さんの頼みであれば喜んで、という思いで、今日ここに立っています」と挨拶した。映画祭ディレクター・市山尚三は、今年の審査員長を務める予定だった香港のシュウ・ケイ監督が同地区の民主化デモの影響で来日がかなわなくなり「一昨日のことですが、(トニー氏に)新たに審査員長をお引き受けいただいた」と急遽の交代劇があったことを報告した。

 2000年にスタートした本映画祭は、アジア圏を中心にした新進作家の作品をいち早く紹介し、映画ファンの支持を集めている。開会式には3人のコンペ部門審査員も登壇し、カンヌ国際映画祭女優賞に輝いた女優のサマル・イェスリャーモワ、『ある女優の不在』の女優ベーナズ・ジャファリ、写真家の操上和美、『よこがお』などの深田晃司監督が集結した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >