楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/22 18:00

『ダウントン・アビー』日本語吹替版上映決定 美しいキャラポスも公開

映画版『ダウントン・アビー』キャラポス (c) 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.
映画版『ダウントン・アビー』キャラポス (c) 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

 20世紀初頭を舞台に大邸宅で暮らす貴族クローリー家と使用人たちの生活を描いた、英国人気ドラマの映画版『ダウントン・アビー』(2020年1月10日公開)の日本語吹替え版上映が決定し、併せて総勢20人のキャラクター・ポスタービジュアルが公開となった。

 2010年9月の放送開始以来、ゴールデングローブ賞やエミー賞に輝き、世界200以上の国と地域で大ヒットしたドラマ「ダウントン・アビー」。映画版の舞台はテレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻のダウントン・アビー訪問という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)はかつての執事カーソン(ジム・カーター)と共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。その渦中に一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が明るみになり、メアリーは重要な決断を迫られることになる。全米では初登場1位のヒットとなった。

 キャストは、ドラマシリーズでおなじみにキャストに加え、『ハリー・ポッター』シリーズのドローレス・アンブリッジ役などで知られる名女優イメルダ・スタウントンが初参加し、先代グランサム伯爵未亡人バイオレット・クローリー役のマギー・スミスと丁々発止の掛け合いを繰り広げる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >