楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/24 12:00

美しい二世の共演!ジョニデ娘がイケメン監督とタッグ

『パリの恋人たち』より。ルイ・ガレル&リリー=ローズ・デップ (C)2018 Why Not Production
『パリの恋人たち』より。ルイ・ガレル&リリー=ローズ・デップ (C)2018 Why Not Production

 フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で俳優・監督のルイ・ガレルと、ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップが共演する『パリの恋人たち』(12月13日公開)。本作から、リリー=ローズが劇中、恋敵の女性に詰め寄るさまを捉えた映像が公開となった。

 ルイ・ガレルが監督・主演を務める本作は、ルイ演じるジャーナリストの青年アベルが、元恋人マリアンヌと彼女の結婚相手の妹エヴの間で揺れる姿を描くラブストーリー。アベルは、3年間同棲していたマリアンヌが友人ポールの子供を身ごもったことから彼女と破局。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会し、同時にポールの妹エヴから想いを打ち明けられる。

 マリアンヌ役に、パトリス・ルコント監督作『歓楽通り』(2002)などで知られるレティシア・カスタ。リリー=ローズは、マリアンヌと恋敵の関係になるエヴにふんする。

 公開された映像はエヴをフィーチャーしたもので、エヴがマリアンヌを訪ね笑顔で挨拶を交わす場面からスタート。しかし和やかなムードは一変し、エヴは「言いたいことがあるの。アベルが欲しい」とストレートな告白。マリアンヌがひきつった表情で「断ったら?」と返すと、「戦争ね」とキッパリ。不穏な空気が流れる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >