楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/07 17:09

“隠れビッチ”役の佐久間由衣、撮影中にパニック!

映画初主演を務めた佐久間由衣
映画初主演を務めた佐久間由衣

 女優の佐久間由衣が7日、都内で行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念舞台あいさつに登壇し、三木康一郎監督の厳しい演出により、思わず涙したことを明かした。この日は、大後寿々花、小関裕太、森山未來、三木監督も来場した。

 本作は、イラストレーターのあらいぴろよの実体験に基づくコミックエッセイを映画化。清楚を装いながら戦略的に男をその気にさせる“隠れビッチ”のヒロイン・荒井ひろみ(佐久間)の成長を描く。

 映画初主演を務めた佐久間は、満席の会場を見渡しつつ、「いやぁ、とても吐きそうです」とかわいく訴えるが、「主演映画が『“隠れビッチ”やってました。』でよかったと心から思っています」と喜びのコメントも口にした。

 しかし、撮影はなかなかハードで、三木監督からは「演出面では細かいことや、何回も違うと言われていました」と明かし、ひろみが彩(大後)の部屋に殴り込みに行くシーンでは、部屋のドアの開ける幅や締める時にかける時間などを細かく決められたものの、「何回もやったけどできなくてパニックになって、なんとかOKだったけど、撮影が終わってから移動車に戻って泣きました」と打ち明けた。とはいえ、泣いたあとは「スッキリした」そうで、「次のシーンのために気持ち切り替えてやった日々でした」と撮影全体を振り返っていた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >