楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/04 06:00

ヒロインは芳根京子!野木亜紀子オリジナル脚本「コタキ兄弟と四苦八苦」

芳根京子 (C) 「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会
芳根京子 (C) 「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会

 「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などで知られる野木亜紀子がオリジナル脚本を手掛け、2020年1月10日からスタートする新ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」(テレビ東京・毎週金曜深夜0時12分~放送)のヒロイン役を芳根京子が務めることが決定した。古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務める本作で、芳根は、古滝一路(こたき・いちろう/古舘)が足繁く通う「喫茶シャバダバ」の看板娘・さっちゃんにふんする。

 本作は、元予備校の英語講師で現在は無職の一路と、一路の家に転がり込んできた二路(じろう/滝藤)の兄弟がひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるというコメディー。映画監督の山下敦弘が全話の演出を担当する。

 芳根にとって本作は、テレビ東京のドラマ初出演にして、野木作品に初参加となる作品。「野木亜紀子さんの脚本と山下敦弘監督の演出という、『どういう世界がうまれるんだろう』とすごくワクワクするタッグの作品に自分が参加させてもらうからには、『さっちゃんが芳根でよかったね』って皆さんに思ってもらえるように、頑張らなくては! という思いで臨みました」と意気込みを語る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >