楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/04 05:00

石橋蓮司、阪本順治監督『一度も撃ってません』で18年ぶり映画主演!

『一度も撃ってません』から岸部一徳、桃井かおり、石橋蓮司、大楠道代 (C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
『一度も撃ってません』から岸部一徳、桃井かおり、石橋蓮司、大楠道代 (C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

 クセのある悪役などで名バイプレーヤーとして活躍する俳優・石橋蓮司(78)が、2020年4月に全国公開される、阪本順治監督の新作映画『一度も撃ってません』で、18年ぶりに長編映画で主演を務めることが明らかになった。

 本作で石橋が演じるのは、昼はうだつの上がらない小説家、夜は伝説の殺し屋・サイレントキラーなのでは……と囁かれる主人公・市川進/ペンネーム・御前零児(おまえれいじ)。いつも殺しは人任せで、一度も人を撃ったことがない市川が、旧友や妻を巻き込んだ危機に巻き込まれるさまを描くハードボイルドコメディだ。

 脚本は、ドラマ「探偵物語」シリーズや『野獣死すべし』など、アウトローでハードボイルドな男たちを描き続けてきた丸山昇一。阪本監督とは『行きずりの街』(2010年)以来、9年ぶりのタッグとなり、「50年続く青春映画」「笑えるノワール」をイメージし、石橋の主演映画として書き出した。

 石橋にとって長編では、『弘兼憲史シネマ劇場「黄昏流星群」星のレストラン』(2001)以来の映画主演。半世紀以上のキャリアを誇る石橋にとっても、かつての空気を感じられる撮影現場だったようで「撮影スケジュールをとにかくこなす、という事だけでなく、昔僕たちが若い時代に作っていた映画のように、アイデアを出し合ってやれた現場でした。夢を諦めながらも必死にしがみついていく我々世代の大人達の話です。言ってみれば、“昭和の時代の挽歌”というのでしょうか」と振り返る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >