楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 15:02

音楽業界のセクハラ描く映画をオプラ・ウィンフリーが製作

オプラ・ウィンフリー Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images
オプラ・ウィンフリー Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 テレビ司会者やプロデューサーとして活動するオプラ・ウィンフリーが、音楽業界のセクシャル・ハラスメントを描いたタイトル未定の映画で製作総指揮を務めることが決定した。The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じている。

 本作は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた映画『ザ・インビジブル・ウォー(原題) / The Invisible War』(日本未公開)で監督を務めたカービー・ディックとエイミー・ジーリングがメガホンを取り、アップルのもとで製作される予定。音楽業界の著名な人物から性的暴行や性的虐待を受け、その話を公にするか葛藤することになる元音楽エグゼクティブを描いたドキュメンタリーになる模様。

 これまでディックとジーリングは、『ザ・インビジブル・ウォー(原題)』で米軍内で横行する兵士の性的暴行の実態に迫り、『ザ・ハンティング・グラウンド(原題) / The Hunting Ground』では、米国の大学キャンパス内で起きたレイプ事件を扱ってきた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【動画】FOXニュースのセクハラ問題を描く!『スキャンダル』海外版予告編(英語)
シャーリーズ・セロン、辻一弘の特殊メイクで激変!米TV局の騒動描く『スキャンダル』2月公開
ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題映画化、本格始動
米アップル社がオプラ・ウィンフリーと複数年の契約
O・ウィンフリー、大統領選不出馬 改めて表明
人種差別・セクハラを訴え降板した米女優、ドラマ制作会社の調査報告に心痛

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >