楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/05 08:10

「ドラえもん」「ルパン三世」続々立体化 山崎貴監督がビッグタイトルに挑む理由

『ルパン三世 THE FIRST』より (C) モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会
『ルパン三世 THE FIRST』より (C) モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』『STAND BY ME ドラえもん』『寄生獣』などビッグタイトルの実写・アニメ化を多く手掛け、ヒットさせてきた山崎貴監督。最新作は、原作コミック誕生から50年以上にわたって愛されている『ルパン三世』のアニメシリーズ初となる3DCG映画『ルパン三世 THE FIRST』(12月6日公開)。本作の公開を前に、作品に込めた思いやその舞台裏、ビッグタイトルの映画化に対するスタンスを語った。

 モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」は、1971年にテレビアニメシリーズが始まって以来、テレビシリーズ、テレビスペシャル、映画と多彩に展開してきた。コメディータッチからシリアス系までそのテイストもさまざまだが、山崎監督が目指したのは、誰もが楽しめるエンターテインメント。「アクションや謎解き、どんでん返しなど“This is LUPIN(これがルパンだ)”という作品にしたかった」という。大切にしたのはルパンと仲間たちの関係性。「時に相手を裏切りながら、でも友情で結ばれている。追いかける銭形警部を含め、彼らの不思議な仲間感は不可欠ですね」。そんな今作の時代背景は、1960年代後半に設定された。「原作の連載がスタートした時代ですし、ルパンは現在のようなハイテクな世界よりも、どこかロマン漂う時代が似合うと思います。物語に古代文明を絡めるなど、センス・オブ・ワンダーも大切にしました」とこだわりを語る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >