楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 10:30

黒沢清監督、海南島国際映画祭マスタークラスへ 映画監督目指す若者にアドバイス

第2回海南島国際映画祭マスタークラスにて
第2回海南島国際映画祭マスタークラスにて

 『CURE キュア』(1997)、『回路』(2000)などホラー&スリラー映画の鬼才として海外でも高い評価を受ける黒沢清監督が7日、中国のリゾート地・海南(ハイナン)島で開催中の第2回海南島国際映画祭のマスタークラスに登壇。前田敦子主演の日本・ウズベキスタン合作映画『旅のおわり世界のはじまり』(2019)など映画祭で特集上映される作品の舞台裏に加え、中国の熱心な黒沢信者たちからの質問に応じた。

 昨年始まった本映画祭で4本の作品が上映された黒沢監督。拍手と共に壇上に迎えられた黒沢監督は、マスタークラスとして招待されたことに「自分がマスターだと思ったことはありませんし、もっと偉大な監督が世界中に多くいる中、こうして呼んでいただけて大変光栄です」と謙虚なあいさつ。話題は、全編ウズベキスタンで撮影された『旅のおわり世界のはじまり』から始まった。

 本作の制作の経緯について、自身の発案ではなく知り合いのプロデューサーから「ウズベキスタンで撮らないか」と話があったことがきっかけと説明しつつ、知人、友人たちのサジェスチョンが自身にとって非常に重要であることを指摘。『トウキョウソナタ』(2008)も香港在住のプロデューサーから「東京に住んでいる4人家族の話を撮ってみないか」と突然言われたことが始まりだったと言い、「知人たちのヒントがなければ今自分はここにいなかったかもしれない」と振り返った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >