楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/11 15:47

岡村隆史、今年の漢字は「闇」 事務所騒動ネタで会場沸かす

舞台挨拶に出席した岡村隆史
舞台挨拶に出席した岡村隆史

 お笑い芸人の岡村隆史が11日、新宿ピカデリーにて行われた映画『決算!忠臣蔵』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶に出席。今年を表す漢字に“闇”という一文字を使い、会場を笑わせた。イベントには、岡村とダブル主演を務めた堤真一と中村義洋監督も出席した。

 東大教授・山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を原作に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた本作。堤は、忠臣蔵の主人公として知られる大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)、岡村は蔵助を支える貧しいそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)を演じた。

 11月22日に公開を迎えた本作は、観客動員60万人、興行収入8億円という大ヒットを記録している。岡村は、普段作品の感想をめったに言わない母親から「面白かったよ」と言われたことを明かすと、堤も「映画を観た友達から『こんな忠臣蔵見たことない』とメールをたくさんもらいました」と周囲の反響が大きかったことを明かした。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >