楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/12 14:03

中国でチケット完売!綾野剛×松田龍平『影裏』コンペ選出の理由

『影裏』ワールドプレミア後の舞台あいさつに登壇した松田龍平&綾野剛
『影裏』ワールドプレミア後の舞台あいさつに登壇した松田龍平&綾野剛

 俳優の松田龍平が『影裏』(2020年2月14日公開)で最優秀男優賞に輝いた第2回海南島国際映画祭。12月1日から8日まで、中国のリゾート地として知られる海南省・三亜市で行われた同映画祭のアーティスティックディレクターを務めたロジャー・ガルシア氏に、『影裏』がコンペティション部門に選出された理由を聞いた。

 本映画祭は、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)と海南省人民政府の共催により、昨年初めて開催された。今年は、金椰賞(最優秀作品賞)を決定するコンペティション部門が新設され、長編映画のカテゴリで日本から『影裏』が選出された。同作は『るろうに剣心』などの大友啓史監督が、沼田真佑の芥川賞受賞作を原作に、故郷である岩手・盛岡を舞台にメガホンを取った。

 そもそも、開催地がなぜ海南島だったのか。ロジャー氏いわく、同地に来年自由貿易圏が設置されることが主な理由で「そのため、物理的、文化的なインフラを整える目的がある」という。コンペティション部門の作品選定については「応募作品は40から50本。プラス、われわれ選考委員も映画祭に作品を探しに行ったりしているので、100本以上の映画を観て決めている」とのこと。審査員は、監督、俳優、批評家など異なるジャンル、国のメンバーで構成。今年は、昨年マスタークラスに招待したイザベル・ユペールが国際審査委員長を務めることになった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >