楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/13 21:01

小津作品は「最適な教科書」とパルムドール受賞監督【第4回マカオ国際映画祭】

ニュー・チャイニーズ・シネマ部門の審査員でもあるクリスティアン・ムンジウ監督
ニュー・チャイニーズ・シネマ部門の審査員でもあるクリスティアン・ムンジウ監督

 10日まで開催された第4回マカオ国際映画祭のディレクターズ・チョイス部門で、小津安二郎監督『東京物語』(1953)の4Kデジタル修復版が、市内にあるシネマテーク・パッションで上映され、多くの若い観客が来場した。12月12日は小津監督の命日で没後56年となる経つが、小津監督にオマージュを捧げたコゴナダ監督『コロンバス』も2020年3月に公開されるなど、今なお世界中の人々を魅了し続けている。

 ディレクターズ・チョイス部門は、世界で活躍する監督が、影響を受けた作品を次世代に伝える目的で設けられたもの。東洋の監督は西洋の作品を、西洋の監督は東洋の作品をセレクションするのがルール。『東京物語』はルーマニア出身で、映画『4ヶ月、3週と2日』(2007)で第60回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞したクリスティアン・ムンジウ監督による推薦だ。今回のニュー・チャイニーズ・シネマ部門の審査員でもある。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >