楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/13 12:45

ディズニーCEO、マーベル批判のスコセッシと面会へ

『アイリッシュマン』でのフランクとジミー・ホッファの最後のミーティングのようにはならないことを願います… - マーティン・スコセッシ監督 Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images
『アイリッシュマン』でのフランクとジミー・ホッファの最後のミーティングのようにはならないことを願います… - マーティン・スコセッシ監督 Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOであるボブ・アイガーが、マーベル映画批判をしたマーティン・スコセッシ監督との面会を調整中だと米Time誌が伝えた。収束に向かっていたように思われた“スコセッシ対マーベル”問題だが、まだまだ終わってはいなかった。

 事の発端は、新作映画『アイリッシュマン』(Netflix)をプロモーション中のスコセッシ監督が今年10月、マーベル映画は「映画ではない」とEmpireのインタビューで発言したこと。スコセッシ監督が「ああいったものに最も近いと感じるのはテーマパークだ。人間が感情的・心理的経験をほかの人間に伝える“映画”ではない」と語ったことは大きく取り上げられ、マーベル批判派と擁護派に分かれて激しい議論が行われることになった。その後、スコセッシ監督は、コミック映画が幅を利かすことでスコセッシ監督が価値を認める“映画”の上映機会が奪われ、コミック映画がハリウッドを席巻することは「アートにとって大打撃」だと The New York Times などで説明していた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >