楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 15:07

窪田正孝、朝ドラ「エール」主演に気負いなし 二階堂ふみが作品の顔

エキストラの協力に感謝した窪田正孝
エキストラの協力に感謝した窪田正孝

 俳優の窪田正孝が18日、東京・NHK放送センターで行われた2020年度前期の連続テレビ小説「エール」(2020年3月30日放送開始予定)スタジオ取材会に出席。朝ドラ初主演を務める窪田だが、作品の顔はヒロイン役の二階堂ふみと思いながら撮影に臨んでいることを明かした。取材会には共演の唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝も参加した。

 「エール」は、「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など昭和の音楽史を代表する楽曲を生み出してきた作曲家・古関裕而と、その妻の金子をモデルにした物語。昭和という激動の時代に、音楽とともに生きた夫婦の姿が描かれる。主人公の古山裕一を窪田、妻となる関内音を二階堂が演じる。

 「ゲゲゲの女房」「花子とアン」に次いで3度目の朝ドラ出演で、「マッサン」(2014~2015)以来の男性主演を務める窪田だが、「主役だから……というのは全くなく、この作品の看板というか顔は(二階堂)ふみちゃんだと思っているので、彼女のいろんな表情・感情が、セリフの交わしや見つめ合いの中で良くなることを願っています」と心境を明かす。また、「作品的には(裕一と音が)いつも二人で横並びで前に一歩ずつ進んでいくところがいいところだと思うので、僕はあまり気負わず、ふみちゃんが伸び伸びとできる環境を作ることだけです」と現場の居方について語った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >