楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/15 12:15

高畑充希「同期のサクラ」黒川は敵か味方か…?

この男、敵か味方か (C) 日本テレビ
この男、敵か味方か (C) 日本テレビ

 高畑充希が主演を務めるドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、毎週水曜よる10時~)が18日の放送で最終回を迎える。

 ドラマ「過保護のカホコ」に続いて、高畑と脚本家・遊川和彦がタッグを組んだ「同期のサクラ」。大手ゼネコンの花村建設に入社し、夢に向かって突き進むサクラを主人公に、同期たちとの10年間が1年ずつ1話ごとに描かれる(以下、第9話までのあらすじ、最終話のあらすじに触れています)。

 11日に放送された第9話のラストで突如、黒川森雄(椎名桔平)は「俺の下で働かないか、北野?」とサクラを花村建設に呼び戻した。第1話から第6話までは同社の人事部長だった黒川だが、第7話で常務に、第8話で専務に、そしてついに副社長にまで昇りつめていた。人事部長時代の黒川はのらりくらりと雑務をこなしながらも、デスクでその時のベストセラーを読んでいるというイメージが強かった。

 これまでのサクラの人生は、そんな黒川に振り回されてきたといえる。サクラを採用したのも、土木志望にもかかわらず人事に配属したのも、社史編纂室に異動させたのも、子会社に出向させたのも、解雇したのも黒川。さらには再雇用したのも黒川であり、サクラの会社人生のポイントには必ず、この男が重要な役割を果たしてきたのだった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >