楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/15 06:00

今夜「いだてん」最終回!宮藤官九郎、全てを終えた今

「いだてん」最終回より田畑政治(阿部サダヲ) (C)NHK
「いだてん」最終回より田畑政治(阿部サダヲ) (C)NHK

 15日に最終回を迎える「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合・日曜20時~ほか)の脚本を手掛けた宮藤官九郎が、執筆を終えた心境を明かした。映画監督、演出家、俳優、ミュージシャンなどマルチの才能を発揮する彼が、大河ドラマでオリンピックを巡る激動の近代史に挑戦。「執筆が決まった当初は『最後まで書き終わらないうちに体を壊したらどうしよう』という怖さもありました。でも、全てを終えた今振り返ると、やっぱりいい経験でしたね。今だからできたと思います」と振り返っている。

 本作は、日本人初のオリンピック選手となった金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)と、オリンピックを東京に招致した田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)を主人公に、1964年東京オリンピック開催までを紐解く物語。

 史実に基づく物語を紡ぐにあたり、「歴史の資料を元にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジでした。残されている膨大な資料は、たくさんのヒントが得られたと同時に、足かせにもなった」と苦戦を明かす宮藤。一方で、記録に残っていない部分に関しては独自のアレンジを加えた。登場人物の中には神木隆之介ふんする落語家の弟子・五りんをはじめとする架空のキャラクターも登場するが、宮藤は虚実織り交ぜた物語を以下のように述べている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >