楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/23 20:44

長渕剛、急病でイベント欠席 共演者がエール&破天荒エピソード披露

飯島直子&広末涼子
飯島直子&広末涼子

 長渕剛の主演映画『太陽の家』(2020年1月17日公開)の完成披露舞台あいさつが23日に都内で行われた。当初登壇予定だった長渕は、急病のために急遽欠席。落胆するファンも多かったが、この日は共演者の飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、権野元監督が来場し、長渕の破天荒エピソードなどを明かして会場を盛り上げた。

 本作は、人情に厚く神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕)が、息子を女手一つで育てる保険会社の営業ウーマンでシングルマザーの池田芽衣(広末)と出会い、母子のために一肌脱ごうと奮闘する姿を描く。

 イベント開始前、主演の長渕が急遽欠席することが伝えられた。長渕は12月20日に腹部の強烈な痛みと高熱のため救急搬送され、現在は都内の大学病院で入院中。医師より急性腎盂腎炎と診断され、現在も絶対安静の状態が続いている。本作のプロデューサーから長渕本人によるメッセージも読み上げられ、そこには、「あぁ残念で仕方がない。そこへ行きたかった。体が病室から出ることを許されなかったけど、心はみんなと同じ場所にあると思っています」という無念と熱い思いがこめられていた。そして「今はしっかり治して、新しい年の初日の舞台あいさつには必ず元気な姿を見せます」という力強い言葉で締めくくられていた。最初は落胆の声を抑えきれなかった観客も、その理由を聞くと納得の様子。その後は、空いたステージセンターに長渕の存在を感じながらイベントを楽しんでいた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >