楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 17:01

最速レビュー『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』完璧な結末…J・J・エイブラムスの頭脳に感謝

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より (C) 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より (C) 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 1977年の1作目ジョージ・ルーカス監督による『スター・ウォーズ/新たなる希望』に始まり42年目合計9本のスカイウォーカー・サーガがついに完結を迎える。日本でも20日に公開されるが、一足先にレビューする。(シネマトゥデイ編集長:下村麻美)

 どんな傑作を作っても賛否が分かれ、全員を満足させることができないのがこのシリーズの難しいところ。それを承知で『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にあえて点数をつけると100点満点。スカイウォーカー・サーガの最後、42年目の完璧な終わり方をした。

 その理由の一つ目は、スカイウォーカー・サーガの結末に必要な出来事はすべて回収して物語が終わったことだ。一番大きいのは、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーの死が重なったこともある。ファンにはレイア=キャリー・フィッシャーは同じで、思い入れも大きくなっている。その期待への応え方が本作では見事なまでの完成度で表現される。夫だったハン・ソロ、息子カイロ・レンという大事な人が遠くに行ってしまったレイアの深い悲しみと愛情が物語の流れをドラマチックに変化させるのだ。また、レイアだけではない。旧三部作の愛すべきキャラクターたちの活躍、ルーク・スカイウォーカーをはじめ脇役というには人気者のハン・ソロの盟友ランドの物語まで丁寧にエンディングを迎える。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >