楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/22 18:15

「ウォーキング・デッド」原作者とリー・ダニエルズがタッグ

リー・ダニエルズ Noam Galai / Getty Images for TIME
リー・ダニエルズ Noam Galai / Getty Images for TIME

 人気テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」の原作者で製作総指揮を務めたロバート・カークマンが現在手掛けているコミック「Stealth」の映画化作品で、映画『プレシャス』、テレビシリーズ「Empire 成功の代償」のリー・ダニエルズがメガホンを取ることが決定した。Deadlineほか複数メディアが報じている。

 本作は、ユニバーサル・ピクチャーズが企画し、スカイバウンドとイメージ・コミックのもと出版される同名原作コミックを映画化するもの。デトロイトで長年犯罪者との戦いを繰り広げてきたヒーローが、アルツハイマー病でもはや都市が必要とするヒーローではなくなったものの、彼の引退を望む敵と戦う羽目になる。ダニエルズは、カークマン、パム・ウィリアムズと共に製作も担当。『アイアンマン』の共同脚本家マーク・ファーガスとホーク・オストビーが脚色する。

 コミック「Stealth」は、2020年の3月11日に出版予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】「ウォーキング・デッド」のクリエーター、ロバート・カークマン
「ウォーキング・デッド」シーズン10後半、2.24放送スタート!
ドラマ版「ウォッチメン」主人公シスター・ナイトとは?戦う母、マスクの意味
マーベル「Disney+」で初登場のヒーロー、MCU映画にも合流へ!
過激作「ザ・ボーイズ」出演、メグ・ライアンの息子に注目!
ヒロアカ作者・堀越耕平「負けたくない」アニメから刺激

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >