楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/19 12:59

トム・ホランドの「お願いお願い」攻撃にディズニーCEOが即陥落!スパイダーマンMCU残留の裏側

おねがーい! Han Myung-Gu / WireImage / Getty Images
おねがーい! Han Myung-Gu / WireImage / Getty Images

 ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOであるボブ・アイガーが、スパイダーマンのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)残留のきっかけとなったトム・ホランドからの電話について詳細を明かした。

 今年8月、MCUを展開するマーベル・スタジオの親会社ディズニーと、「スパイダーマン」シリーズの映画化権を所有するソニーの交渉が金銭面で折り合いがつかずに決裂し、スパイダーマンのMCU離脱が決定。しかしその1か月後、両社の間で新たな契約が結ばれ、急転直下でスパイダーマンのMCU残留が決定していた。その立役者となったのがスパイダーマン役のトムだ。彼がディズニー&ソニーのトップに「どうか交渉の席に戻ってほしい」と頼み込み、奇跡が起きたのだ。

 先日、米ABC局のトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演したトムは、ディズニーの会長兼CEOであるアイガーとその電話中に酔って涙していたことを明かしていたが、この件について Us Weekly に直撃されたアイガーは「彼が酔っていたかどうかはわからないが、わたしは彼に電話したんだ。なぜなら彼が動揺して、わたしとスパイダーマンの状況について話したいと思っていることを知っていたから。わたしが彼に電話を掛けた時、彼はパブにいた。ロンドンで家族と一緒だったと思う。彼は『うるさいかもしれません。今パブを出たところです』と言っていたから」と話し始める。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >