楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/23 17:52

スター・ウォーズ完結編は『最後のジェダイ』を無かったことになどしてない!J・J・エイブラムス反論

全員を満足させるなんてできないよ - J・J・エイブラムス監督 Yuichi Yamazaki / Getty Images
全員を満足させるなんてできないよ - J・J・エイブラムス監督 Yuichi Yamazaki / Getty Images

 シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(エピソード9)のJ・J・エイブラムス監督が、同作はライアン・ジョンソン監督の前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(エピソード8)を無かったことになどしていないと米・映画芸術科学アカデミーで行われた上映イベントで語った。(以降『スカイウォーカーの夜明け』の内容に触れています)

 続3部作の皮切りとなる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)でメガホンを取ったエイブラムス監督は、もともとエピソード9の監督を務める予定ではなかったが、コリン・トレヴォロウ監督(『ジュラシック・ワールド』)が「創造上の違い」を理由に緊急降板したため、再び担ぎ上げられていた。

 『最後のジェダイ』におけるジョンソン監督の“攻めの選択”は賛否両論の渦を巻き起こすことになり、『スカイウォーカーの夜明け』ではその選択に対する修正が図られたと見るファンもいる。そのことについて聞かれたエイブラムス監督は「もし(ライアン・ジョンソン監督と自分の間に)対立があったなら、ずっと面白い答えになるんだろうけど。だけど真実は、僕がエピソード7をやって、ライアンのような尊敬できる監督/脚本家に次をやってもらえるなんて感謝しかなかった」と切り出し、本作の脚本執筆時には、共同脚本家のクリス・テリオと共にジョンソン監督とたくさん話し合ったと振り返る。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >