楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/24 17:30

続3部作では最低の出足も『スター・ウォーズ』完結編が断トツ首位!【全米ボックスオフィス考】

断トツの首位! - 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より (C) 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
断トツの首位! - 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より (C) 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 先週末12月20日~12月22日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が興行収入1億7,738万3,864ドル(約195億円)で初登場1位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 続3部作(エピソード7~9)の3作目にして、『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から42年にわたって描かれてきたスカイウォーカー・サーガの完結編となる本作。エピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は2億4,796万6,675ドル(約273億円)、エピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2億2,000万9,584ドル(約242億円)という特大のオープニング興収を上げていたため続3部作としては最低の出足となってしまったが、2位に6倍以上の差をつけて断トツの首位デビューを果たした。配給のディズニーが出した本作のオープニング興収予想は1億6,500万ドル(約182億円)であり、それ以上はきっちり稼ぎ出した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >