楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/04 18:03

クリスチャン・ベイル、また30キロ減量!過激な役作りは「最後まで貫きたい」

体重の増減が激しい!(『フォードvsフェラーリ』でのクリスチャン・ベイル) (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
体重の増減が激しい!(『フォードvsフェラーリ』でのクリスチャン・ベイル) (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 1966年のル・マン24時間耐久レースで王者フェラーリに挑んだフォード・モーター社の実話を描く映画『フォードvsフェラーリ』(1月10日公開)より、マット・デイモンとダブル主演を務めたクリスチャン・ベイルがインタビューに応じ、役作りについて語った。

 『フォードvsフェラーリ』は、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社から「ル・マン24時間耐久レースで、フェラーリに勝利せよ」という途方もない仕事を請け負った二人の男の物語。クリスチャンは、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット)と共に打倒フェラーリに燃える英国人ドライバー、ケン・マイルズを演じた。

 アメリカ副大統領ディック・チェイニーを演じた『バイス』に続いて、実在の人物にふんしたクリスチャン。ドライバーとしての腕はピカイチだが、性格に難があるケンを演じるにあたって、彼の息子ピーター・マイルズに話を聞いたという。「ピーターは、役作りの際に一番頼りになった人だ。ケンはとても強い信念を持っていて、野心的なドライバーだということを教えてもらえたよ。他にも、ケンに関する文献や、彼のドライビング・テクニックを収めたフッテージ映像も確認したけど、ピーターの話が十分すぎる資料だったね」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >