楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/31 08:08

2019年興収1位は『天気の子』140億円超え - 邦画興収年間ベストテン

大ヒットを記録した『天気の子』 (C) 2019「天気の子」製作委員会
大ヒットを記録した『天気の子』 (C) 2019「天気の子」製作委員会

 2019年邦画興行収入の上位10作品が文化通信社より発表され、興収140億2,000万円(12月8日時点)を記録した新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』が年間ナンバーワンを獲得。洋画別でトップを記録した『アラジン』121億6,000万円を抑え、洋邦合わせた年間総合ランキングでも1位を獲得した(文中の興収は一部推定)。

 興収250億3,000万円を記録し、日本の歴代興収4位を記録するなど社会現象と化した『君の名は。』の新海監督待望の次回作として注目された『天気の子』。7月19日に全国448スクリーンで公開され、週末3日間で動員115万9,020人、興収16億4,380万9,400円を記録し、初登場首位。その後13週連続でベストテン入し、公開から34日目で興収100億円を突破した。新海アニメらしい精緻なビジュアルや、前作に引き続きタッグを組んだRADWIMPSの音楽、そして叙情的な物語世界などもあり、多くのリピーターを獲得。性別・年齢を問わず多くの層が映画館に足を運んだ。結果、『君の名は。』以来3年ぶりとなる日本映画の興収100億突破作品となった。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >