楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/03 06:06

吉岡秀隆『男はつらいよ』新作は怖かった

『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開中の吉岡秀隆 写真:高野広美
『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開中の吉岡秀隆 写真:高野広美

 1996年に他界した俳優・渥美清さん。その翌年に劇場公開されたシリーズ第49作目『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』から22年たった2019年に、新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』は劇場公開を迎えた。物語の軸となるのは渥美さん演じる寅さんの甥っ子・諏訪満男。演じるのは吉岡秀隆だ。久々の『男はつらいよ』の撮影現場、吉岡の胸にはある怖さがあったという。

 吉岡が『男はつらいよ』シリーズに参加したのは、1981年に公開された第27作『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』から。倍賞千恵子演じるさくらと、前田吟ふんする博の息子・満男として登場し、16年に渡り同役を務めた。山田洋次監督は「満男の成長ぶりをまとめてみると実に面白い」と話していたが、吉岡にとっても『男はつらいよ お帰り 寅さん』は集大成とも言える作品になっているのではないだろうか。

 そんなことを聞かれた吉岡は「正直こんなにつらい仕事はなかったですね」とつぶやく。そこには渥美さんという存在の大きさが垣間見える。「この作品に携わるということは、僕にとって渥美さんがいなくなってしまったということを再認識させられる仕事なんです。渥美さんがいてくださって、僕を受け止めてくれて初めて満男という人物が成立する。その方がいないということが、どんなことなのか見えない部分が多くて怖かったんです」と真情を吐露する。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >