楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/12 10:05

『フォードvsフェラーリ』レーシングカーは全部本物!監督こだわりのレースシーン

本物のレーシングカーを使って撮影! (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
本物のレーシングカーを使って撮影! (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 1966年のル・マン24時間耐久レースをめぐる実話を映画化した『フォードvsフェラーリ』(公開中)のジェームズ・マンゴールド監督がインタビューに応じ、本作の製作を振り返った。

 マンゴールド監督といえば、ヒュー・ジャックマン主演のアメコミ映画『LOGAN/ローガン』(2017)を世界的ヒットに導いたことが記憶に新しい。大ヒット作品を手掛けた後で重圧も感じていたというマンゴールド監督は、『LOGAN/ローガン』とは全く違うタイプの映画を製作することで、プレッシャーを跳ね返したという。「アメコミ大作映画から一歩下がることが重要だった。本作はドラマ性があり、1966年に生きた人々の姿を映し出すと共に、ダイナミックなシークエンスも多く取り入れた。大作はもちろん、低予算映画で学んだことを生かした集大成とも言える映画を作ったよ」

 フォード・モーター社から1966年のル・マンでの勝利を命じられ、王者フェラーリに挑んだカー・デザイナー(マット・デイモン)とドライバー(クリスチャン・ベイル)の挑戦を描く本作。実話を映像化するにあたり、マンゴールド監督は舞台となった1966年のトーンや雰囲気を表現することにこだわった。「事実をただ描いた作品を観るなら、その出来事について記された本を読んだ方が楽しい。映画はその時代の雰囲気や、登場人物の心情などを表現することができて、その時代にいるような体験を提供することが可能だ。本作では、1966年のル・マンの雰囲気を観客に味わってもらうことが使命だったんだ」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >