楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/09 17:02

観たい冬ドラマ、期待度1位は「麒麟がくる」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主演の長谷川博己 (写真は2019年6月4日撮影、クランクイン取材会にて)
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主演の長谷川博己 (写真は2019年6月4日撮影、クランクイン取材会にて)

 映画とドラマのレビューサービス「Filmarks」が、地上波放送の2020年冬ドラマ期待度ランキングを発表し、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が1位に輝いた。

 同ランキングは地上波キー局とNHKで放送されるドラマを対象に、Filmarksユーザーが観たいドラマとして登録した「Clip!」数(1作品につき1メンバー1件まで)を集計し、ランキング化したもの(2020年1月8日時点)。

 1位の「麒麟がくる」(1月19日放送開始)は、主演の長谷川博己が明智光秀を演じる戦国ドラマ。光秀の謎めいた前半生にスポットが当てられ、彼の生涯を中心に、彼を取り巻く戦国武将たちの運命の行方が描かれる。

 2位は、吉高由里子主演の「知らなくていいコト」(水曜よる10時~日本テレビ系)。「セカンドバージン」「家売るオンナ」など、数々の人気ドラマを手掛けてきた大石静のオリジナル脚本で描かれるヒューマンドラマで、吉高は週刊誌の女性記者を演じている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >