楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/16 07:15

映画初主演から21年、松たか子が走り続けるための言葉

松たか子 写真:上野裕二
松たか子 写真:上野裕二

 舞台、映画、ドラマとさまざまなジャンルで活躍を続ける女優・松たか子。初主演映画『四月物語』(1998)のメガホンをとった岩井俊二監督と約21年ぶりの再タッグとなった映画『ラストレター』(1月17日公開)が、間もなく公開を迎える。互いに長く一線級として活躍していたからこその再会に「光栄なこと」としみじみ語った松が、女優業を長く続けるために心掛けていることについて語った。

 過去に仕事をした人と再会するとき「ガッカリされたくはないですよね」と語っていたが「でも、どうすれば良くなったと思ってもらえるのかはわからない。結局は役に向き合うしかないですよね」と思いを巡らせる。

 松と言えば、16歳のときに歌舞伎「人情噺文七元結」(1993)で初舞台を踏み女優としてのキャリアをスタートさせると、「ロングバケーション」(1996)や「ラブ ジェネレーション」(1997)など大ヒットドラマへの出演、さらには前述した『四月物語』で映画初主演を務めるなど、順風満帆な女優人生を送っているように感じられる。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >