楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/16 06:00

竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同で映画制作!大橋裕之「ゾッキ」実写化

映画監督して名を連ねる山田孝之、竹中直人、齊藤工
映画監督して名を連ねる山田孝之、竹中直人、齊藤工

 俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工が映画監督として、漫画家・大橋裕之の初期作品集「ゾッキ」を実写映画化することが16日、明らかになった。竹中は映画監督として8作目、齊藤は長編映画監督として3作目、山田は映画作品で初監督を務める。脚本は、『十二人の死にたい子どもたち』で知られる劇作家・演出家の倉持裕が執筆。2021年の全国公開に向けて、原作者・大橋の生まれ故郷である愛知県蒲郡(がまごおり)市で2月より撮影がスタートする。

 原作は、大橋が2017年に発表した幻の初期作品集「ゾッキ」(カンゼン)。「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」などの自費出版漫画集、漫画誌などに掲載された活動初期の作品を上下巻にわたって収録している。「ゾッキ」の語源は「寄せ集め」「ひとまとめにした」という古本用語である。

 2018年に竹中が大橋の漫画に惚れ込み、齊藤と山田に映画監督としてオファーしたことから、三人による共同映画制作がスタート。監督として『無能の人』『東京日和』『サヨナラCOLOR』などを世に送り出してきた竹中は「まさかこんなときがくるなんて……大ファンだった大橋裕之さんの作品を映画にすることが出来るなんて……まるで夢のようなできごと……夢のまた夢のようなできごと……ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか……この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります! 」と嬉しさをあらわにする。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >