楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/20 20:50

早くも登場「麒麟がくる」川口春奈に注目の声

川口春奈演じる帰蝶の活躍が楽しみ! Sports Nippon / Getty Images
川口春奈演じる帰蝶の活躍が楽しみ! Sports Nippon / Getty Images

 長谷川博己が主演を務める大河ドラマ「麒麟がくる」の初回が19日にNHK総合で放送され、多くの視聴者からの声がTwitterに寄せられた。第1話から早くも帰蝶役の川口春奈が登場したシーンは大きく注目された。

 「麒麟がくる」は本能寺の変を起こしたことで有名な戦国武将・明智光秀の知られざる前半生を描きだす物語。「光秀、西へ」というタイトルの初回では、野盗との戦いで鉄砲を初めて見た光秀(長谷川)が、鉄砲がどういうものかを探る旅に出た。川口は美濃を治める戦国大名・斎藤道三(本木雅弘)の娘で、光秀と幼いころから付き合いがある帰蝶役を担当している。

 第1話の終盤に川口演じる帰蝶が登場すると多くの視聴者が反応し、Twitterには前向きな感想が多数投稿された。川口は沢尻エリカに代わって帰蝶役に起用された経緯があるが、「ぴったり」「もう代役ではない」といったツイートも数多くあった。

 26日放送の第2話「道三の罠(わな)」では、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)と斎藤道三の戦いである加納口の戦い(井ノ口の戦い)が描かれる。(五十嵐洋介)

【関連情報】
【写真】長谷川博己、安堵…「麒麟がくる」初回完成試写会の模様
「麒麟がくる」初回視聴率は19%超の好スタート
長谷川博己、沢尻エリカ降板騒動振り返る
「麒麟がくる」初回、感想続々!シリアスと笑いのバランス好評
大河・長谷川博己の光秀は「絶えず相手を見ている」 脚本家・池端俊策が評価
川口春奈『謝罪の王様』で“沢尻エリカ”演じていた!

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >