楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/22 04:00

長澤まさみ、実話に着想得た衝撃作で新境地 大森立嗣監督『MOTHER マザー』で母親役

『MOTHER マザー』より (C)2020「MOTHER」製作委員会
『MOTHER マザー』より (C)2020「MOTHER」製作委員会

 女優の長澤まさみが、約5年前に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得た映画『MOTHER マザー』(初夏公開)で主演を務めることが22日、明らかになった。併せて公開された特報、ビジュアルでは、長澤演じる母親と幼い息子、内縁の夫らとの日常が収められている。長澤は、新境地となる本作に出演した理由を「今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました」とコメント。内縁の夫に阿部サダヲ、幼少期の息子に郡司翔(ぐんじ・しょう)。監督を映画『日日是好日』『タロウのバカ』などの大森立嗣が務める。

 『新聞記者』などを手掛けた河村光庸プロデューサーが実話に着想を得て大森監督とタッグを組み、その場しのぎの自堕落な生活を送る奔放な女性・秋子(長澤)の息子が、やがて凄惨な事件を起こすさまを描く本作。近年はドラマ・映画『コンフィデンスマンJP』『マスカレード・ホテル』などはつらつとしたイメージが強い長澤だが、本作ではガラリと異なる役柄に挑む。脚本を、大森監督が『あゝ、荒野』(2017)、『宮本から君へ』(2019)などの港岳彦と共同で手掛ける。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >