楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/31 13:26

『ミッドサマー』に日本映画の影響!アリ・アスター監督が熱弁

初来日を果たしたアリ・アスター監督(左)と司会のLiLiCo(右)
初来日を果たしたアリ・アスター監督(左)と司会のLiLiCo(右)

 ホラー映画『へレディタリー/継承』で脚光を浴びたアリ・アスター監督が初来日を果たし、30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『ミッドサマー』(2月21日公開)の先行上映会に出席。新作に日本映画からの影響があったことを明かした。この日は、映画コメンテーターのLiLiCoが司会を務めた。

 『ミッドサマー』は、スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”に訪れた大学生の男女が、想像を絶する悪夢に遭遇するさまを描くスリラー。今回が初来日のアスター監督は、大勢の観客で埋まった場内を見渡し「今日はお越しいただきありがとうございます。温かい歓迎もありがとうございます。僕は日本映画が大好き。今回は初来日なので、ワクワクしています。この作品を皆さんにお届け出来ることをうれしく思います」と笑顔であいさつ。

 映画の舞台となったスウェーデン出身のLiLiCoは、アスター監督に向かって「スウェーデン人として一つ感想を言わせていただいていいですか?」と切り出すと、夏至のスウェーデンでトラウマ級の出来事が展開する映画に「よくも私たちが誇る素晴らしい夏至祭を、ここまでとんでもないものにしましたね。もう夏至の季節には帰れません」とクレーム。これにはアスター監督も「ごめんなさい」と神妙な面持ちで返答し、会場の笑いを誘った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >