楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/12 11:31

VFXを侮辱した!アカデミー賞『キャッツ』自虐ネタ、視覚効果協会が批判【第92回アカデミー賞】

痛烈な自虐ネタを披露したジェームズ・コーデン(左)とレベル・ウィルソン(右) Kevin Winter / Getty Images
痛烈な自虐ネタを披露したジェームズ・コーデン(左)とレベル・ウィルソン(右) Kevin Winter / Getty Images

 現地時間9日に行われた第92回アカデミー賞授賞式で、映画『キャッツ』のキャストが猫姿で視覚効果賞のプレゼンターを務め、映画の視覚効果(VFX)についての強烈な自虐ネタを披露。この演出について、視覚効果協会(The Visual Effects Society)は公式サイトで声明を発表し「アカデミーがVFXをジョークの的にしたことに心から失望した」と批判した。

 『キャッツ』出演者のジェームズ・コーデンとレベル・ウィルソンは、視覚効果賞のプレゼンターとして劇中さながらの猫姿で登場。同作の視覚効果は酷評されており、劇場公開後に一部シーンのVFXが改良されるという異例の事態も発生している。二人は「視覚効果について我々以上に(その重要性を)理解している人はいないんです」と強烈な自虐ネタを披露し、同部門を受賞した『1917 命をかけた伝令』の名前を読み上げた。

 授賞式の演出について、視覚効果協会は現地時間10日、公式サイトを通して声明を発表。同協会は「我々は視覚効果を芸術として認識、発展、尊重している」と強調し、「(授賞式の)プロデューサーは、視覚効果賞発表の場をジョークの聞かせ所として選択し、映画『キャッツ』の低調なパフォーマンスは視覚効果に責任があると示唆した」と指摘した。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >