楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/25 11:32

広瀬すず、デスメタル女子役で「やさぐれ精神が出た」

広瀬すず、デスメタル女子役
広瀬すず、デスメタル女子役

 女優の広瀬すずが24日、東京・イイノホールで行われた映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の完成披露ミサに出席。劇中、広瀬はハードなメタルファッションを身にまとい父親に向かって「一度死んでくれ!」と言うなどファンキーな役柄を演じたが「自分のなかのやさぐれ精神をバンと出しました」と笑顔で語った。イベントには、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、浜崎慎治監督も登壇した。

 本作は、『犬と私の10の約束』『ジャッジ!』などの澤本嘉光のオリジナル脚本を、auのCM「三太郎」シリーズなどを担当してきた浜崎監督で映画化したコメディー作品。父親のことが大嫌いでいまだ反抗期を引きずっている女子大生でデスメタルバンドのボーカルを務める七瀬(広瀬)が、「2日だけ死んじゃう薬」を飲んで死んでしまった父親・計(堤)を取り巻く陰謀に挑む姿を描く。

 広瀬は「現場に行ってみないと役の感じがわからなかったので、とにかく攻撃的にいこうと思っていました」と演技プランを明かすと、父親役である堤に対しては罵詈雑言を浴びせるシーンもあるが「わたしのなかにあるやさぐれ精神をバンと出た感じで、発散したような気分でした」と撮影を振り返る。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >