楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/24 12:10

型破りな『HOKUSAI』の秘密 巨大な孔雀に180度回転するカメラ

歌麿(玉木宏)が絵描きに没頭する遊郭の「孔雀の間」 (C) 2020 HOKUSAI MOVIE
歌麿(玉木宏)が絵描きに没頭する遊郭の「孔雀の間」 (C) 2020 HOKUSAI MOVIE

 「冨嶽三十六景」などで知られる江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の謎多き生涯を、柳楽優弥と田中泯のダブル主演で描く『HOKUSAI』(5月29日公開)。本作には、そうそうたる顔ぶれのクリエイターが集結。プロデューサーの中山賢一、美術監督・相馬直樹、照明・佐藤宗史、キーグリップのヒロカクハリが、型破りな「色のある時代劇」を生み出すための秘密を明かした。

 本作は、幕府に風俗が厳しく取り締まられていた江戸時代後期を舞台に、北斎と彼に影響を与えた人物たちとのエピソードを軸に、北斎が描いた「三つの波」の秘密に迫る物語。北斎の青年期を柳楽が、老年期を田中が演じるほか、北斎の人生のキーマンとなる版元(プロデューサー)の蔦屋重三郎に阿部寛、美人画の大家・喜多川歌麿に玉木宏、戯作者の柳亭種彦に永山瑛太がふんする。『相棒』『探偵はBARにいる』シリーズなどの橋本一がメガホンをとった。

 中山プロデューサーいわく、本作で目指したのは「色のある時代劇」。「色遣いなどに関しては時代考証と合っていないところがあるかもしれませんが、色のある青年期から段々枯れていくと言いますか、物や人がどんどんなくなっていき、最後は絵と向き合うというところをコンセプトにしています」と中山P。また、伝記映画の枠を超えた作品にするために企画・脚本の河原れん(お栄役で出演も兼任)がテーマを「波」に定め、青年期から老年期に至る間の23年間をすっぽり抜いたところも「粋」な試みだ。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >